目の美容整形

理想の自分になるために

「目」は、美容整形を受けることができる箇所の中でも、もっともポピュラーな箇所だといえます。
目に美容整形を施せば、まぶたを二重にしたり、腫れぼったい目元をシャープにしたりと、自分の理想通りの目元にすることができます。一般的に知られている目の美容整形には、「埋没法」や「切開法」、「目元切開」などが挙げられます。そこでここでは、これらの美容整形の内容やメリットなどについてご紹介します。

まず紹介するのは「埋没法」です。埋没法は痛みや腫れがないだけでなく、施術を短時間で済ますことが可能なため、上記で挙げた3つの美容整形の中でもとくに人気を高めています。また、安全性が高く、比較的安価だという特徴も持っています。そんな埋没法は、専用の特殊な糸を用いて施術を行います。施術は、人工的にまぶたのヒダを作り、それを糸で留めるという内容です。この通り、メスを一切使用しないため、施術後に大きな傷が残る心配はありません。施術を受けたその日から洗顔や入浴が可能なため、日常生活に支障を来たすこともありません。そんな埋没法の大きなメリットは、「仕上がりに満足できなくても、すぐに直すことができる」という点です。糸で留めているだけなので、それを外せば施術を受ける前の目に戻すことができます。

次に紹介するのは「切開法」です。切開法とはその名の通り、目元を切開し二重にする美容整形です。より完璧な仕上がりを長期間得たいと望んでいる方には、この施術がおすすめだといえます。そんな切開法は大きく2つの種類に分けることができます。それは「ミニ切開」と「全切開」です。ミニ切開が約1〜2センチ切開するのに対し、全切開はまぶたのヒダとなる箇所すべてを切開します。埋没法とは異なり、施術の際にメスを使用するため、多少傷が残ることもありますが、くっきりとしたきれいな二重を確実に得ることができます。また、切開法では腫れぼったいまぶたを、脂肪吸引を行うことで、すっきりとしたまぶたにすることもできます。このように、女性のまぶたに関するあらゆる悩みを解消することができるため、非常に有効な美容整形だといえます。

最後に紹介するのは「目元形成」です。これは小さく見えている目元を大きく見せるための美容整形です。これには「目頭切開」や「目尻切開」、「眼瞼下垂」などの施術が挙げられます。この美容整形は、女性の『タレ目にしたい』、『涙袋が欲しい』などという願望を叶えることができるため、現在注目を集めています。しかし中には、目の形そのものを変化させるため『失敗してしまうのではないか』と不安になってしまう女性もいます。ですが、実際施術を行う前にしっかりとカウンセリングを行い、どのような目元にしたいのかというシミュレーションをしっかりと行うため、理想通りの目元にすることができます。カウンセリングに関しては目元形成に限らず、埋没法と切開法の両方にもいえるため、いずれにしよ目の美容整形は安心して受けることができます。

新着リスト